つぶやき 2006.11.30
いじめや自殺の報道について

中学生の自殺が毎日のように報道されている

一種の連鎖反応は起きているのではないか

言い方は適切でないし、そんなことは思いたくないが、これだけ日常的に報道されるとつい、”つられて”と衝動にかられてしまうのかもしれない。



報道の使命があるかも知れないが、報道しないことも一つの報道ではないだろうか。



先生も大変だ、授業をサボった生徒にびくびくしないといけなくなる。



人間だれでも落ち込むことは多い、誰しも死にたいと思ったことの一度や二度は有ると思う。

でも、ほとんどの人はそれを実行しない。



死への恐怖がそれをさせないのは当然だが、それよりも生きていたほうがきっと良いことがあるから、楽しいことがあると思うからだと思う。



最近は報道はあまりされないので定かでないが、中小企業の社長の自殺もあいかわらず多いのだろう。



傍からみればなんでそこまで…、



とおもうがそのときは正常な精神状態ではない。



政府や父母、学校が一生懸命対策を考えているが近いものが変化を感じて

周りで注意していていくしかないのだろうか。







記事のシェアをお願いします