つぶやき 2006.12.18
ノロウイルスの感染力

先月下旬私の母(80才)が突然下痢と嘔吐に襲われた。



東京ではまだノロウイルスのことはほとんど報道されず、単なる体調不良

のつもりで医者から抗生物質を下痢止めを処方され、4日ほどで回復。



翌日妻が突然激しい下痢嘔吐、胃の痛み襲われ食中毒かと考えたが

思い当たる節はない。



食事や運動に人一倍気をつけていて、何年も風邪など引いた事がが無く、

免疫力の強さを豪語している私はまったくの無防備

 

ところが突然夜中に

予告無しに抑えきれないほどの下痢が1時間おき、寝込むことは無く、

嘔吐もなかったが食事後3時間たつと空腹感がみなぎる食欲が無い、



その時点で初めてノロウイルスを知った。連日のようにマスコミをにぎわし

ているこのウイルスはものすごい感染力だ。



ただ、ある程度抵抗力なある人は全部出してしまうとケロッとするようである。

ちなみに私は抗生物質のみで下痢止めを使わず、早く出すことに専念した。



お陰で快腸の喜び

空腹間の気持ちよさ

食事の楽しみ  を改めてかみ締めている。



今後も免疫力強化にむけ更に努力しよう。

記事のシェアをお願いします