つぶやき 2012.08.21
2ドルコメント

引寄せの法則でうまくいかないのは、無意識のうちにマイナスのエネルギーを発信して、希望しないことを引寄せているからです。



特に後悔は習慣になってしまっているかもしれません



とても参考になる文を見つけました





以下 浅見帆帆子さん「あなたの宇宙とあなたの使命」からの引用です



 『2ドルコメント』とは、自分の意識をマイナスに傾けない為に



ある国際機関で何十年前から実施されているトレーニングのひとつで、



『2ドルコメント』にあたる発言をしてしまった場合は



実際に2ドルの罰金を払います。



『2ドルコメント』には、



(1) 不満、愚痴  

(2) 批判、悪口 

(3) 言い訳、弁解

(4) 後悔  

(5) 正論のおしつけ 

(6) あらゆる否定的なコメント

(7) 未来への根拠のない不安、などがあります。



誰でも、(1)や(2)が良い影響を与えるはずがないことは知っているので、



それを積極的にいう人は少ないでしょう。



ところが気づかないあいだに口にしているちょっとした後悔や



「良い」と思っていることを相手に押し付けようとする言葉なども、



すべて『2ドルコメント』 なのです。



例えば、(4)には、「もっとこうしておけば良かった」



「もっと早く気付けば良かった」 「きのうのうちにしておけば良かった」



など、すべての後悔が入ります。



過去のことはもう過去、そこを思い返して自分を責めれば、



その暗い思いと同じものを現実の世界に引き寄せるので、



サラッと反省したら、一切思い返す必要はないわけです。



(5)の「正論の押し付け」には、この考え方は素晴らしいから、



あなたもそうしなくちゃダメ」「絶対にこうするべき」などが入ります。



「こんなことを言えるのは私しかいないから…」という前置きをして、



相手へ苦言を伝えるのも(5)です。



思いやりや親切なようでいて、実は相手のマイナスの感情を増やすことを



耳に入れているだけなのです。



どうしてもその内容を伝える必要がある時は、



プラスにフォーカスした言い方をすることです。



「それだから、ダメなんだ!」ではなく、



「こうしたら、もっと良くなるよね」と、



言葉を置き換えるのです。



人をやる気にさせる教育者は、悪いところを指摘せず、



プラスの面を強調することで相手を変えていきます。



自分に置き換えてみたとき、自分の悪いところを指摘されるよりも、



同じことを別の方向から言われたほうがやる気がでますよね。



あなたの言葉の影響を受けるのは、言われている相手ではなく、



あなた自身です。



記事のシェアをお願いします