つぶやき 2015.09.24
うさぎとカメのお話 3/6 順番にお読みください

「よーい、ドン」



ウサギさんはただひたすらに走り続けました。

カメさんはまただいぶ遅くなったのですが、ウサギさんはとても満足そうに、ニコニコしてゴールの前で

待っていました。



カメさんが汗をかきながら(カメが汗をかくかどうかわかりませんが)たどり着くと、ウサギさんはニコニコしていて上機嫌の様子です。カメさんが聞きました。



「今日はずいぶん機嫌が良いのだね。なんでそんなに楽しそうなんだい」



ウサギさんはこう答えました。

「うん、昨日君に教えてもらったように、今日ぼくは一生懸命走って自己記録を更新したのさ、今までで一番速くこの距離を走ることができた」



「ああ、それはよかったね」



と、この日は2人ともいい笑顔で終わりました。

さらにカメさんは「明日も走らないか」と提案するのです。



「きっとカメさんは何か考えているのだろう」と思い、ウサギさんも快く承諾し、また金曜日に2人で走ることになりました。



金曜日スタートラインにたったウサギさんは目を見張りました。



つづきは また明日。

記事のシェアをお願いします