つぶやき 2016.06.07
車のナンバー358 は なに??

私の車



あるブログから

「358」が特別な数字だということが一番はっきり記されているのが聖書です。

聖書の中で「666」は悪魔の数字、「358」は聖なる数字とされているそうです。



また、徳川15代将軍の中で初代と末代以外で覚えられている名前は

「3」代家光「5」代綱吉「8」代吉宗であること、



西遊記の3人の妖怪は「3」沙悟浄「5」悟空「8」八戒であったり、



お釈迦様が悟った時は35歳の12月8日、誕生日は4月8日生まれで、

12月8日というのは35歳と8ケ月の時など・・・



さらには奈良や京都のことを「都みやこ(385)」といったり。



このようなさまざまな歴史や物語などで偶然にも「358」という数字が現れてきます。

つまり、「358」には特別な力があるのではないか・・・!?ということのようです。



「358」には、こんなパワーがある・・・!?



その1:燃費が良くなる



車のナンバープレートに358が入っていると、少し燃費が良くなるといわれています。



その2:エンジン音が静かになる



実際にナンバープレートを358に変えたまわりの車はどの車も燃費がよくなり、

さらにはエンジン音が静かになって、ものすごく快適によく走るという報告ばかりが来ています。

358にしたことで悪くなったという例は1件もないそうです。



その3:事故は起こしにくくなる



こちらもそれまでは半年の間に2台の車を廃車にしたことがある方が

実際にナンバーを「358」に変えたところ、まったく事故をおこさなくなった。というのです。



ここまで



私も良いことばかりです

とても調子がいい

燃費は10K/リットル

もちろん事故はありません



記事のシェアをお願いします