私見 2018.04.11
何処へ行くかより誰と行くか

20161209の記事より

小学二年生と4年生の子供のいる4人家族
たまの日曜日のために、お父さんは念入りにドライブコースを調べている。
普段、仕事で忙しく遊んであげられない負い目から
このときとばかり盛りだくさんで綿密な計画を立てて
我ながら自信作と張り切っている。

7時起床
7時半朝食
8時出発、中央高速調布インターから一路信州へ
途中談合坂サービスエリアでトイレ休憩–諏訪湖畔で食事とボート遊び
帰りは美ケ原から軽井沢経由で夕方は○○でおそばと
子供たちの満足顔をイメージしながら早くも満足。

とこんな具合

そして当日
お父さんは昨晩の接待を断って万全の体制で早々目覚め

ところが、子供たちは、翌日学校が休みと知って遅くまでTVみていたらしく、起きて来ない

お父さん
「おい、いつまで寝てるんだ」とは言わないまでも、イライラいらいら。

「早く出発しないと、軽井沢には回れなくなるぞ」とブツブツ。

我慢できずに子供たちを無理やり起こして、1時間遅れの出発

スケジュールが最初から台無しになったお父さんはふくれっ面でハンドルを握り、

寝足りない子供たちは後ろの席で転寝、お母さんは助手席ではらはら。

せっかくの家族団らんの休日はどうなったでしょう

????


ここで、もしお父さんがぱっと頭を切り替えて、

「そうか、お母さん、今日は予定変更して近くの相模湖ピクニックランドにでもするか」

「それじゃ、子供たちが起きるまでに美味しいお弁当でもつくりましょうかね」とお母さん

お父さんは、「じゃあそれまで天気もいいし、車を洗車しながら待つとするか」

1時間後、綺麗になった車で、すっきり目覚めた子供たちと楽しく会話しながらドライブを楽しんでいる家族四人の姿が目に浮かびます。

つまり、目的は何処へ行くかでなく、家族団らんの時間を過ごすこと。

その点バスや電車の旅行と違って、自家用車の時間は自由自在でカーライフの威力を発揮します。

何処へ行くかでなく、誰と行くかです。

ありがとうございます

記事のシェアをお願いします