スタッフブログ 2018.07.02
〜きみをのせて〜息子と合唱する日

今日は、スタッフTKです。

信じられない事に、早々に梅雨が明けてしまいましたね。

農作物の生育に影響が出そうで、夏〜秋にかけてのお野菜の値段が高騰するのでは・・・、と今から心配しています。

さて、毎度の子育てネタで申し訳ありませんが、最近びっくりしたのが・・・

小二の息子が音楽の授業で習ったよ〜と、歌い始めた曲が「映画 天空の城ラピュタ」の主題歌「きみをのせて」

だったのです。

” あの地平線 輝くのは

どこかに君を かくしているから

たくさんの灯が 懐かしいのは

あのどれか一つに 君がいるから

さあ でかけよう 一ひときれのパン

ナイフ ランプ カバンに つめこんで ”

この続きを歌うときっと涙が込み上げてきてしまう、あの名曲を7歳児が歌い始めたのです。

子育て世代が子供の頃に見ていたアニメの多くが「古典作品」として健在で、私も子供と一緒になって楽しんでいますが、

「天空の城ラピュタ」の存在はまた別格!ではないでしょうか。

そうか・・・今は教科書に載っているのか。

哀愁に満ちたメロディーは、当時10歳ほどだった私の胸に突き刺さったのですが、

映画を見た事がない息子が同じ様に感極まった様子で歌う姿に、

当時の私を重ねたり、

息子に熱く接する主人の顔が浮かんだり、

私が息子を見る姿が、彼が成長した時に思い出すであろう「母のまなざし」となるのだと気づいたり。

(目がつりあがってないかな・・・)

時空を超えて、いろんな思いが一瞬でわーーっと広がりました。

そのあと、息子と一緒に何度も大合唱〜。

もちろん、母(私)は泣いていました(笑)。

Prime Videoでなかったのが残念〜。近くDVDを借りにいかないと!

記事のシェアをお願いします