つぶやき 2009.03.17
沖縄で街頭演説しました ありがとうの力

11日から15日まで沖縄におりました



なんと12日の朝、沖縄県庁前と58号線沿いで街頭演説をしました。



政治に興味があるわけでもなく、特定の政党を応援しているわけでもありません。



たまたま講演会の参加者の一人が沖縄市議会(7/5投票)の候補者で



その方が、ありがとうを唱え、競わない 比べない 争わない



(どんな選挙活動をするのか興味があり、本当にこんな政治家が



いたらどんなに世の中が楽しくなるだろうと想像して) を旗頭の



大変笑顔のすばらしい、そばにいるとほのぼのとする方なのです。



NHKのアナウンサーや航空会社で世界中を回り、平成9年から那覇市



市議当選、昨年市議辞し県会議員に立候補するも惜しくも落選、名刺



交換をしてみると私の大学の後輩、意気投合、毎朝街頭演説をしている



とのことで、オレモ立つ、といって街頭に立つことになったのです。





朝8時国道58号線、出勤途中の渋滞している車洪水に向かって、大きな



スピーカーで発することばは



ありがとう、○○に感謝 ○○がうれしい、○○が楽しい 等が中心



決してお願いしますとは言わない。



最初はみんな知らん顔 しかし



彼が話している間私は 通過する車の運転手さんはもちろん 車のぼディ、



タイヤ バイク、トラック 、トレーラーに向かって ありがとうを



大きな声で言い続けました、手を振りながら。



15分経ったごろから 最初は目を背けていた人たちが目をあわせるようになり



次は会釈をしてくれるようになり、今度は笑顔で手を振ってくれるように



なったのです。







2箇所目の県庁前は人通りも多く、なれてきたこともあり演説にも力が入り、



私は○○さんとはおとといあったばかりです、でもこの人の笑顔に感動し



今マイクを握っています 、この方は競わない、争わない、比べない



候補者なんです でもこんな人に政治をお任せしたらいいな~。



とわけのわからない演説でした。



でも、遠くの横断歩道を歩いている人にも、観光バスの観光客の人にも、



ビジネスマン、タクシーの運転手さんにも、みな大きな声で「ありがとうご



ざいます」を投げかけたら、みんな笑顔でうなずいたり、手を振ってくれたり



観光客からカメラを向けられたり、最後まで反対側の歩道で聞いていた若い女性



(道路が広いので20、30m隔れている)がニコニコしてくれました



ただただ感激で、うれしくて涙が出てきました。



ありがとうを言い続けたのでおそらく4000回は言いました。







終わったら本当に清清しい気持ちのいい気分でした。



私は彼の為に連れ立って演説したのではありません



私自身の損得勘定でやったのです、



ありがとうの力は本当にすごいです



みなさん  ありがとう







記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中