つぶやき 2009.04.26
いい話を聞きました 喜ばれると嬉しい

先日四国の高松に会議で行きました。



会議が終わり夕方の飛行機まで時間があったのでレンタカーにて市内観光

壇ノ浦古戦場、瀬戸内海の絶景を楽しんだのです。

レンタカーは71850円 3人で乗ったので2400円ほど、安い!

安くて、景色が良くて最高。



もう一つ、レンタカーの中で大変良いお話をきいたのです、それは、

会議参加者は全て自動車会社の社長、その方ももう直ぐ50歳ある大きな会社

の社長さんです。その社長が、事故や故障のレッカー救援24時間待機、

夜の部を自分で行っているとのこと。



私は耳を疑いました。



普通は社員が交代で行うのですが、社長自らだそうです。

聞いてみると、彼は使命感や義務感でやっているのではなく、

その仕事が本当に嬉しいのだそうです。



故障や事故で本当に困っている、ほとんどのケースが何件も電話して断られて、

やっとのことでその会社に電話がかかるらしい、そこで救援出動、

慌てて困り果てて、救いの女神と写るのでしょう。

その時に喜ばれることが嬉しくてやっているとのこと。



私も若いころ、キーの綴じ込みで救援によく行きました。

車の中で小さいお子さんが泣いている、お母さんは半ば半狂乱になって待っていた。

そこで救援、鍵が開いたときのお母さんの喜びと、それを見た自分自身の喜びが

よみがえってきました。



本当に人は喜ばれると嬉しいのです、改めて感じることができました。



喜ばれることばかりしていく人生、最高です!



良いお話を聞かせていただきました。



ありがとう



記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中