つぶやき 2009.10.08
どんなときにも「ありがとう」

ある本を読でいたら、「ありがとう」で有名な五日市剛さんのことが出ていた。

学生時代に人間関係で悩んでいた五日市さんは、イスラエルでとても不思議な経験をしたそうだ。

見知らぬおばあさんに、どんなよくないことが起こっても「ありがとう」と言うんだよ。



あらためて、2009年1月2日の記事を読み直した。



あけましておめでとうございます。



素晴らしい2009年の幕開けです。



時代が大きく変わる年、絶好のチャンス到来。



今年は常に目の前にいる人をいかに楽しませるかを考え行動していこう。



目の前にいる人とは、

家族、親戚、友人、知人、社員、お客様はもちろん見ず知らずの他人も同じ。  ただ目の前にいる人



ただそのことだけを考えればよい。



ものすごく簡単。



九(苦)言を言わず思わず

楽笑でいこう



九(苦)言とは

不平 不満 愚痴 泣言 悪口 文句 ついていない 心配だ 許せない



楽(ら九)笑とは



嬉しい 楽しい 幸せ 大好き 愛している ついてる 安心 大丈夫   今日も私は絶好調!



今年も張り切っていきましょう



ありがとう

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中