つぶやき 2009.11.05
何度試みても死ねないことが分かったら… 堀さんNO2

引き続き知人の堀さんのお話を紹介します



ここでのキーワード



そうか命って自分のものではないのだな

「この地球上に僕を待っていた人は一人もいないんだ」と思ったら死のうと決意した

誰かが自分を待っている

自分で自分を褒めちゃいました





■絶望からの出発





【堀】



僕は中学の時に何回も自殺をしました。親がいなくて親戚を

たらい回しになっていた預け入れ先のあるところで、非常に

ショッキングなことがありました。





 堀というのは母親方の苗字なのですが、僕は爺さんの養子に

入ったのです。ある悲しい事件があり、爺さんに文句を言いに

行きました。





「爺さんがおふくろに結婚を許したから僕という人生がある、

どうしてくれるんだ!」って。





 そしたら「お前のお袋が結婚したいって言った時にはもう

お腹に居たんだ」と。できちゃった結婚です。僕は色々なと

ころでイジメられました。





親も逃げていってしまって、この地球上で唯一の味方が爺さん

で心の拠りどころだった。





 だからその時は僕がお腹に居るって分かった時、爺ちゃんは

僕の存在を初孫として喜んでくれると思ったんです。でもその

数秒後に「だから、お前を堕ろそうとした」と言ったのです。





爺さんはお袋を連れて病院に行ったのですが、お袋はヤダと

言って逃げたのです。





 それを聞いた時「この地球上に僕を待っていた人は一人も

いないんだ」と思って死のうと決意しました。生きる意味が

分からなかった。





でも不思議なのですが何をどうやっても死ねない。飛び降り

たら下に車が来る。ガス管をくわえても不思議とガスが止まる。

どんなことをしても死ねない。





 ちょうどその頃、近所のお爺さんが死にました。そのお爺さ

んは「もっと生きたい、もっと生きたい」と言っていました。

長生きは出来ないし、早くも死ねない。





「そうか命って自分のものではないのだな」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





とそこで初めて思いました。

命が自分のものだったら死ねるじゃないですか?

でも死ねないということは「僕の命は価値があるんだ!」

という結論が出たのです。





「誰かが自分を待っている」そう強く思いました。

それがビジョンの元ですね。





 何々があるからがビジョンじゃなく「まずビジョンありき」

なんです。





出来るか出来ないか。「お前は偉いよ、賢いよ」と誰も褒めて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

くれませんでしたが、自分で自分を褒めちゃいました。そした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ら色々と面白くなって来たのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~



( 明日につづく )



出典元  月刊『貯徳時代』⇒ http://da-na.jp より 許可を頂いて抜粋

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中