つぶやき 2015.07.04
親孝行の絵

良寛さんがあるとき托鉢姿の自画像を書きました



その絵姿片方の足は草履を、もう片方には下駄を履いていた。



これを覗き込んだ女中が



「良寛さま、このお坊さんは肩陳場ですね」というと



「いいや、これは親孝行の絵だよ。 父親が今日は晴れるから草履で行けといい、母親は雨になるから



下駄で行きなさいといったとき、両親の意見にすなおに従ったすがただよ」といったという。

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中