スタッフブログ 2019.05.13
理想のマイカーを探せ!!〜最終話 やっと出会えた! 理想のマイカー ゴルフヴァリアント〜

こんにちはPecoです。長い長い10連休も終わり、令和元年がスタートして2週間近く過ぎました。

新しい元号には慣れてきましたでしょうか。

先日深大寺に行きお賽銭を入れる際、息子が手に取った小銭が「昭和48年」のものでした。

昭和生まれの私からすると普通だったのですが、息子は大興奮。「すごーい昔のお金だ!!お賽銭にせず宝物にする!!」

平成の終わり近くに生まれた息子にとっては昭和48年がとてつもなく昔に感じるんだなと時代の経過を感じました。

息子達の方が新しい元号にも順応するのが早そうです(。-_-。)

 

さてさて、Peco一家のマイカーを探す旅。

これまでにホンダ シャトル、トヨタ CH-Rと試乗をしてきましたが

我が家の条件を満たすことは出来ませんでした。

これは何か条件を妥協するしかないのか・・と考えていた矢先、ふと自宅マンションの駐車場を見てみると

高さも低く、そしてホンダ フィットよりかなり大きく見える車が停まっているではありませんか!

(こんな近くに条件を満たす車があったなんて・・)

調べてみるとフォルクスワーゲンのゴルフ ヴァリアントという事が判明。

以前にもお話ししましたが、主人は当初から国産車希望。外車は全く範疇になかったのですが

ここまで探して見つからないなら・・という事で一度試乗することになりました。


(画像はお借りしました)

「ゴルフ」は私も知っていたのですが「ヴァリアント」とはステーションワゴンタイプに付けている名前で

何と言っても荷室が広く通常で605L、後部座席を倒すとなんと1620Lも入るのです。

ベビーカーや、チャイルドシート、旅行時のスーツケースやゴルフバックなども楽々入ります。

子供なら十分荷室で過ごせそう(笑)


(画像はお借りしました)

後部座席の広さはというと・・ジュニアシートを2つ置いても中央に大人一人は座れますし、

後部座席に大人の男性が座っても足を伸ばせる余裕があります。

我が家は息子2人。今後の成長を考えるとこの広さはありがたい!

今回試乗したタイプはゴルフ ヴァリアントのテックエディション特別仕様車。

ナビとは別に運転席の前に大型ディスプレイがついており、そこにもナビを写し出す事が

できるのです。これは結構画期的で便利ですよね。


 

その他息子達から好評だっだのが後部座席の真ん中にエアコンがついている事。

後ろも快適に過ごせそうです。


 

そしていざ出発!と左折しようとすると、なぜかいきなりワイパーが動く??

実はウィンカーとワイパーが国産車と逆なんです。

ウィンカーを出したい時は左手で操作。試乗中に何度間違えてたことか・・( ´Д`)y

慣れって怖いですね・・。晴れているのになぜかワイパーが動いている怪しい車でした。

 

走行性はというと、こちらはハイブリッドではないのですが、かなり滑らかな走り。

外車は勝手なイメージで「ハンドルが重い」と思っていたのですが、全く違い逆に軽い。

軽く動かすだけで車が思った方向へ行ってくれてストレスなく走行できました。

 

《Peco家 理想のマイカー条件》

全高が1550㎜ 以下である事。(マンションの立体駐車場に高さ制限があるのでこれは絶対条件!!)

● 現在のマイカー ホンダの「FIT」よりも車内空間が広い。

●荷室は広めが良い。(FITより広いか同等レベル。400L以上だと理想)

● 燃費重視のためできればハイブリッドが良い

● 国産車(←主人の希望 Pecoは外車にのって見たかった・・)

 

当初の理想のマイカー条件ハイブリッドと国産車という以外では条件を満たしてくれています。

(国産車という条件はPecoはもともと外車に乗ってみたかったので問題なし)

やっと理想の車に出会えた!というのが正直な感想で、ここまで車選びが難航するとは・・。

 

全高が1550㎜以下であるという絶対条件から、かなり選択肢を狭めざるを得なかったわけですが、

実際試乗してみるとイメージと違ったり・・と試乗の大切さも実感しました。

 

さて数ヶ月に渡りお付き合いいただいたPeco一家の理想のマイカー探しもここで終了となります。

これからは一体どんなマイカーライフが待っているのか・・。

いつかまたここでご紹介できればと思います(^ ^)

 

 

 

 

 

 

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中