スタッフブログ 2019.09.19
秘密の蛍光剤

ガス漏れによるエアコン不良のケースをご紹介します。

コンデンサ(エアコン用の高圧冷媒を冷却するための高熱装置)の上部よりガス漏れがあり、

漏れている箇所の裏付けを得るために蛍光剤を封入しました。

 
ブラックライトを照らすと、蛍光剤が漏れている事を証明してくれている訳です。

その後は新しいコンデンサに交換し、真空引き(エアコンの配管内を真空にすること。冷媒ガスとオイルのみの状態にし循環をよくすることがエアコンの長寿につながります)を行います。

 
その後、ガスを充填しエアコンの冷えを確認したら作業が終了となります。

 
この蛍光剤、極めて小さいのですがエアコンの整備には不可欠。

メカニック以外は社内スタッフも余り知らない・・・秘密兵器のご紹介でした。

 


よろしければこちらの記事もご覧ください。

エアコンの臭いが気になるあなたへ

LEDヘッドライトが車検に通らない!?

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中