スタッフブログ 2020.12.22
猪突猛進!イノシシがマイカーに激突したら・・悲惨な結末が待っていた。

こんにちはPecoです。

早いものでもうすぐクリスマス!
皆さんの元にもサンタクロースは来る予定でしょうか?

今年はコロナ一色の一年となりましたが、せめてクリスマスやお正月は密に気をつけながらも楽しみたいものですね。

 

さて今回のブログはPecoの家族が遭遇した不幸な出来事。


なんと!・・田舎道を運転中にイノシシが車に激突したのです。

猪突猛進とはまさにこの事。よく高速道路なのでも野生動物の標識を見かけたりしますが、本当にこんな事ってあるんですね。。

そして実際にイノシシが車に激突するとどうなるのか・・

 

  

結果は写真を見てお分かりかと思いますが・・車は大破です😱
(幸いにも激突したのが助手席側だったため本人は無傷で済みました)

 

これはもう・・・修理レベルではなく買い替えレベルです。

 

しかしここで色々と問題が発生しました。
一つ目の最大の問題は保険が効かないということ。

野生動物は「野生」なので当然ながら飼い主にあたる責任者はいません。賠償責任を求められる相手がいないため、単独事故として扱われることがほとんどです。

今回、任意保険には加入していましたが車両保険をつけていなかったため修理にしろ、買い替えにしろ全て自己負担なのです。

あまりの突然の出来事。しかし車は毎日仕事で必要なので、とにかく中古車で良いので車を再購入しようと考えました。

 

そしてここで二つ目の問題が発生です。

中古車にしろ新車購入にしろ即納車というわけではありません。
納車までの間に必要になるのが「代車」です。しかし保険の代車特約やレンタカー費用特約を付けていなかったためこちらも全て費用は自己負担。

 

中古車で安く購入したかったのですが、代車費用を考えると全く安くならない事が判明したのです。

結局はディーラー側が新車購入をすれば代車費用は免除という条件を提示してくれたので新車を購入する事となりました。

 

今回、加入していた保険の内容がかなり薄いものだったかと思うのですが、実はもともとが古い車だったので最低ラインの保険にしか入っていなかったのです。

 

色んな条件が重なり、イノシシ一頭で最悪の結果(出費)となってしまいましたが、やはり「保険の内容は大切だ」と本人も痛感したようです・・。

 

後日談としては、新車には大変満足しているようで(笑)今回を教訓として
新車購入とともに新しい保険にも入り直したようですよ。

 

そして・・・気になる方もいらっしゃるかと思いますのでご報告しておくと・・
今回の元凶であるイノシシさん。どうなったかと言うと・・

 

 

  

・・・どれだけの衝撃があったか想像がつきますね。

これを見ると本人は無傷で車の大破だけで済んだのはある意味不幸中の幸いだったのかもしれません。

 

もし運転中に野生動物との遭遇可能性がある方は保険内容の見直しをお勧めいたします!

 

ちなみに後藤自動車では、任意保険にご加入のお客様には代車特約やレンタカー費用特約を付帯していなくても、当社で修理や代替えの場合には当社の代車(代車に空きがあれば)をお貸ししています。

 
ご自身が加入されている保険に不安な点がございましたら、
保険資格をもつスタッフがおりますのでお気軽にご相談ください!

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中