ゴルフを買ってから初めての車検を迎えるあなたへ

ゴルフを買ってから初めての車検を迎えるあなたへ

こんなお悩みはありませんか?

クルマを買ったお店が遠くて、車検をお願いするのが面倒…
クルマに奮発してしまったのでできるだけ車検は安くあげたいけど、ゴルフって車検高そう…
ディーラーが安心そうだけど中古車販売店で買ったのでちょっと行きにくい…
せっかく買ったクルマなので長く乗りたいけど、できるだけ費用は抑えたい…
あなたのお悩みを創業60年、輸入車整備・車検のプロ 後藤自動車が解決します!

安心して車検をお任せいただける3つのポイントをお教えします!

理由① 輸入車整備一筋60年 最新機器も導入

弊社は創業以来輸入車の整備を中心に手掛けてきた会社です。長年にわたって培ってきた技術の高さに加えて、近年の電子化された車両では必要不可欠なデータ解析用機器も完備し、確実かつスピーディな診断および整備が可能となっています。

理由② エキスパートによる整備

弊社には整備の「匠」と称する輸入車整備のエキスパートが複数名在籍しています。輸入車インポーター大手に長年在籍した匠により、車種ごとの特徴やポイントを抑えた的確な整備を行います。

整備の匠

齋藤 渉

整備の匠

西澤 功

整備の匠

沼賀 健

理由③ 明快リーズナブルな料金設定

後藤自動車は輸入車に限らず広く車検を承る「コバック」グループに加入し、年間1千台以上の車検を行っております。輸入車に関しても明確に決められた料金体系に基づきサービス提供を行なっておりますので、安心して車検をご依頼いただけます。

フォルクスワーゲン・ゴルフ7の車検料金
費目金額
基本整備料 39,500
自賠責21,550
重量税24,600
印紙代1,200
税込合計金額86,850
フォルクスワーゲン・ゴルフ7ヴァリアントの車検料金
費目金額
基本整備料 39,500
自賠責21,550
重量税24,600
印紙代1,200
税込合計金額86,850

車検に関してのお問い合わせはこちら

ゴルフの車検整備に関する豆知識

ゴルフの車検・整備は高い!?

フォルクスワーゲンゴルフは、ベンチマークとしてこれまで7世代40年近く作り続けられています。国内でも最も人気のある車種の1つと言っても良いでしょう。ゴルフは尖ったところこそありませんが、全方位的に高い性能と安定感を兼ね備えており、近所の買い物からロングツーリングまで1台で全てこなせる高い必要性を備えています。

ゴルフに限った話ではありませんが、ヨーロッパ車全般に一般に抱かれるイメージとして「よく故障する」という印象をお持ちの方も多いことと思います。これは、特に国産車と比べるとある意味では正しいですし、ある意味では間違っていると言えます。

国産車の場合、部品の寿命も長く設定されており、あまりメンテナンスをしなくても長期間にわたって乗り続けることができますが、その代わりにクルマ全体が徐々に劣化していきます。5年10万キロも走行したら乗り換える前提の車づくりをしていると言えます。

一方、ヨーロッパ車の場合は地続きの広い国土を持ち、日常的に長距離移動が多いことから、日本と比べて走行距離も伸びる傾向にあります(年間平均走行距離でドイツは日本の1.5倍との調査結果もあります)。また、一台の車を大切に乗る傾向もあることから、頑丈に作る部分と交換を前提とする部品を明確に分け、交換部分を定期的に交換することで、コンディションを良い状態に長く保つことができるようになっています。

ゴルフにおいては、第5世代から「DSG」と呼ばれる高性能なオートマチックトランスミッションを備え、変則性能及び燃費性能の大幅な向上に成功しています。ただ、中古車で購入した車両の場合は、このDSGのトラブルに注意する必要があります。すでにトラブル対応済みの車体であればある程度安心ですが、年式の古い車体においては修理歴に注意をして購入することをお勧めします。車検の際もよくチェックすることが安心して長く乗っていただくためのポイントとなります。