つぶやき 2010.01.11
喜ばれる使い道 贈り物

最近とても大きく重量のある額入りの書をあるところから頂いた

とても高価なもののようだ

察するに私の会社を含めて数百枚を贈答したと推測できる

たまたま私の会社と自宅だけだと思うが掲げる場所がない

せっかくの贈り物なのでありがたく飾りたいのだ

社員やお客様に掲げてもらいたくて声を掛けているが、未だに反応がない…。

贈り物は楽しい

贈る側は相手の喜ぶ姿を想像して品物を選ぶ

もらった側も贈ってくれた人の気持ちを感じ嬉しくなる

86歳になる義母は時々スーパーで買った普通の袋菓子を2,3袋福島から宅急便で妻に贈って来る

送料のほうが高いのに妻はとても喜んでいる

贈り物は嬉しい   ありがとう

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中