つぶやき 2010.04.04
OKKとNGK放送局

人間の体はラジオと同じ

私が小学生のころ鉱石ラジオというものを作りました

簡単な部品で電池も要らずイヤホーンからNHKが聞こえたときは感動でした。

今でも原理は変わりません

実はこのラジオの原理は、その放送局と同じ振動(周波数)をしていると共振によってその番組が聴けるのです

もし、

良い内容しか放送しないOKK放送局(600HZ)と

事件とか事故・悲劇・訴訟・争いなどしか放送しないNGK放送局(1200HZ)があったとします

OKKを聞くためにはダイヤルを600HZすれば聞こえます、NGK(1200HZ)の放送は聞こえません

現在の放送局はNHKでもいろいろなニュースや情報を流しています

人間の体はラジオ受信機と同じで、自分の発する言葉によって体が振動しているのです

良い振動(言葉)のときはそれに共振する情報だけが入り(受信され)、悪い言葉(不平不満口泣言など)を発していると、その情報が受信(引寄せ)られるのです。

実は受信するだけでなく、その事が実現してしまうのです。

それが分かると言葉遣いが変わります。

「バタバタしている」、「忙しい忙しい」と常に言っている人のことを思い起こしてください。

おそらく、その人は思い出す限りいつもバタバタしていると思います。

引寄せの法則は正確に働いているのです

ありがとうございます

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中