つぶやき 2014.04.14
ひきこもり と 気分

子供が仮に引きこもって家の中をブラブラしているとき、

ガミガミ何で「働かないんだ」

と起こった瞬間、事態は悪化する。親にそう言われれば言われるほど、働く気持ちは無くなり、

結果として家に居る事になる。

なので、親が何も言わずに笑顔で淡々と、

「好きなだけ家に居なさい」と言っていると子供は、

「働かなくっちゃいけない」

と言う気持ちが沸いてくるもの。

親は「子供が働いても働かなくてもどっちでもいい」と腹に決め、何も言わず、

ニコニコと淡々と食べさせていると、子供は働きたくなるかもしれない。

もちろん、「好きなだけ家に居なさい」と言った以上

子供は働いても働かなくてもいいわけ、こどもを変えようとした瞬間に、

変わらねばならぬ 

とトゲトゲとした感情が相手に伝わり悪循環となる。

親がいつもニコニコと楽しく 「よい気分」 ですごしていれば、

よい波動が発せられる、

一部引用 「日々の暮らしを楽にする」小林正観著

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中