整備日記 2017.12.02
■《整備風景》タイヤ コロコロ ■

真新しいタイヤを、コロコロ…。

丹念に何かを確認しながら、コロコロ…。

素人には「品定め」している様にしか見えません。

半分は当たり?

タイヤは製造過程で生じる縫い目があり、どうしても重さに誤差がでます。

勿論、走行に問題のない若干の誤差なのでしょうけれど、そのアンバランスさを

解消するため小さな「重り」が付いているそうです。

驚きました…。

そして、重りの数はタイヤ一本一本異なるため、

転がしてじっくりバランスを見極め、

前輪か後輪か…配置を決めるそうです。

うーん。

プロに任すって、やっぱり違います。

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中