整備日記 2018.03.04
■《整備エリア風景》フロントガラス交換 ■

\\ レアな現場に立会いました //

高速道路走行中、飛び石でフロントガラスにヒビが。

縦に一本しっかり入っているのが確認できます。

保険の請求の為、様々な角度から撮影した後(既にワイパーやアンテナは取り外し済み)、

自動車のガラス交換やリペアを専門としている業者さんにお願いし、無事交換を終えました。

所要時間は40〜50分でしたが、その一部始終がとても興味深く見学させて頂きました!

作業は二人一組、阿吽の呼吸で行われます。

昔は軽自動車などはフロントガラスも小さく、一人で完了できたそうですが、現在では軽でもサイズが大きくなっていている為、やはり二人一組が基本との事。

二人で慎重に確実に…

作業の詳細は、各写真のキャプションからどうぞ!

硬化したモールや「接着剤(ゴム糊)」をカッターで(何度も刃を折りながら)取り除きつつ、一方は真新しいガラスを準備し傷の有無を確認。


綺麗になったフロントガラスの縁と、スタンバイ中の真新しいフロントガラス4辺にモールを力一杯伸ばしならがはめていきます。
それが終わると、一人は車の縁にサビ止めと接着剤の付きをよくする下地を塗り込め、もう一人はガンタイプの接着剤を新しいフロントガラスの周囲に塗布していきます。
プロ仕様の吸盤を二箇所に当て二人で装着しました。慎重に、慎重に・・・。

硬いモールのヨレを、ドライヤーの熱風で美しい仕上がりに持っていったりと…

プロならではのこだわりを、しっかり見せて頂きました!

接着剤がしっかり固まるまで2〜3時間。夕方にはお客様にお返し出来そうですね。 良い一日をお過ごしください!
ありがとうございます。

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中