スタッフブログ 2020.05.14
今は懐かしのあの音・・「キンコン」はなぜなくなったのか?

こんにちはPecoです。

GWも終わり早くも5月が半分過ぎようとしています。

最近は暑い日が続いていますのでお散歩中の熱中症になどに

気をつけなければいけないですね。

マスク+飲み物 これが欠かせなくなりそうです。

さて今回のブログは懐かしの昔あったけど、今はないもの・・に

スポットを当ててみました。。

高速道路で知らぬ間についついスピード超過。
そんな時「キンコン♪ キンコン♪」と鳴っていたのを覚えていますか?

しかし最近はついつい超過してしまっても、あの「キンコン」という速度警告音は聞こえてきません。最近の車には速度警告音の装備がついている車はなく、
オプションとしても無くなってしまったのです。
では「キンコン」はなぜ無くなったのか?🤔

1、海外からの圧力!?
実はこの速度警告音は日本独自のものであり日本では義務化されていましたが海外では使用されていなかったのです。

そのため海外の自動車メーカからすると、日本へ輸出の際にわざわざ取り付けなければならない厄介なもの。海外の自動車メーカーから撤廃を求められお互いの国の関係悪化を防ぐため日本は義務化を解いたのでした。

2、警告音「キンコン」に問題あり?
この速度警告音、知らぬ間に速度超過していた場合に
気づかせるにはもってこいでしたが、速度を落とさない限り鳴り続いていましたよね。これが電子音で単調だったので眠気を誘うと指摘されたのです。

また音がなり続くことによって集中力も欠け安全性も低下する・・と言われていました。結局安全面を重視し警告音は無い方が良いと判断されたのです。

どうでしょうか。少し寂しい気もしますが

理由を聞くと納得・・と言った所でしょうか。

最後にお断りしておきますが・・
私Pecoはいたって安全運転派(上手かどうかは別として・・)
道路で法定速度を大幅に超える!なんてことはもちろんありません(笑)
皆様も安全運転を心がけてドライブを楽しんでくださいね!

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中