社長ブログ 2020.08.21
水道の蛇口と権限委譲

『 水道の蛇口と権限委譲』

時間作りは権限委譲

少し古い村のお話です。

その村で唯一、水道の蛇口の取り付け工事を専門にする人がいました。

彼一人しかプロフェッショナルがいません。

水道の蛇口が壊れようものなら、とにかく全て彼のところに依頼が来てしまう。

依頼主にしてみれば、水が噴水のように溢れ出す緊急事態ですから、相手の都合など構っていられません。

パーティーの最中でも病気をしていようとも、関係なく連絡が入り、さすがの彼も閉口してしまいました。

そこで発想を変えてみました。

少々骨が折れるが、一度時間を作って、水道の蛇口の取り付け工事を誰かに教えたらどうなるかと。。。。

それを実行した彼は、水道の蛇口の取り付け工事から一生解放され、時間ができたのです。

「仕事を人に任せる。」

経営幹部として、順次任せていく。。。

当然のことですが、いざ任せてみると遅かったり頼りなかったりと、自分でやったほうが確実で早いとなかなか踏み切れません。

育てる意味でも、自分の時間を作る上でも思い切って任せてみましょう。

「任せるよ」と言っていながら、事細かく“ああでもない!” “それではいけない!”と指示していたら育ちません。

任された方も、「それなら自分でやれよ!」となり、二度と引き受けません。

そこでポイントは2つ。

① 任せたら口を出さないこと

②責任は任せた者が取る

つまり、“任せたら見ない”ことです。

思い切った権限委譲で時間がたっぷりできます。

こちらをクリック↓ぜひ、動画もご覧ください!

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中