社長ブログ 2020.10.06
「頑張れ」と「頑張ろう」の大きな違いは

『「頑張れ」と「頑張ろう」の大きな違いは』

よく我々は、部下に「頑張れ」と言ってしまいます。

純粋に、心からの励ましのつもりで言っています。

しかし、上司は励ましのつもりで「頑張れ」と言ったとしても、必ずしも部下にその気持ちが正しく伝わるわけではありません。

むしろ、部下には「何やってるんだ。この脳なし、もっと努力しろ!」というふうに伝わっているかもしれません。

コミニュケーションで重要な事は、自分が何を言ったかではなく、相手にどう伝わったかです。

リーダーからの励ましの言葉は、「頑張れ」ではなく常に「頑張ろう」であるべきです。

なぜなら、「頑張れ」では誤ったメッセージを送る恐れがあるからです。

部下からすれば「頑張れ」は激励ではありません。

プレッシャーと響くのみならず、「お前は死ぬほど頑張れ!」と言われているようにも聞こえてしまいます。

部下は励まされたと感じるどころか、孤独感や孤立感を覚えるかもしれません。

「頑張ろう」は、相手を突き放すことなく相手に寄り添う言葉です。

「俺もやるからお前もやれ!」とか、「君のことをちゃんと気にかけているよ!」というような一体感を感じさせます。

「頑張れ」「頑張ろう」はわずかな違いですが、部下の気持ちで考えれば、より効果的なのは「頑張ろう」ですね。

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中