つぶやき 2011.07.27
登校拒否

かなり前に、自分の子供が登校拒否にあったらどう対処しますか?

と周りに居る人に聞いてみました。

一番多い答えが、

子供の気持ちになって一緒に考え(場合によっては学校と相談して)問題解決にあたる

ある人は

一緒に遊びに行く

でした。

子供が登校拒否をすると何が困るのか

親が考えることは、勉強が遅れる、勉強ができないと皆の仲間に入れない、進学ができない、良い会社に入れない

せめて高校だけは出ていないと将来困る、りっぱな人間になれない 等々。

よく考えてみると皆将来のことを心配しているだけ、それも親が。

本人は本当に困るでしょうか、本人が助けを求めているのは「今」なのです。

親は子供の為と言いながら、自分の世間体を気にしているだけなのです。

言いかえれば親の思い通り(きつい言葉で言うと支配)したいのです。

いやな学校には行かなくていい、今のままでいいんだよと一緒に遊んだりして子供を守ってあげられるのは親だけです。

本当は親だけでなく…。

ありがとうございます

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中