社長ブログ 2020.05.27
自分にも他人にも厳しい立派な人

 

『自分にも他人にも厳しい立派な人』

 

【許す】は【ゆるます】

 


 

何をやらせても上手くできて、周りから高い評価を受けている人がいます。

 

そういう方の中には、自分に厳しい分、他人に対しても厳しい人が多いです。

 

自他ともに厳しいと言うのは、立派な人のように思いますが、自他共に「許していない人」なのかもしれないですね。

 

体に痛みを持っている人や、悩み苦しみをたくさん抱えている人というのは、自らの価値観を持っています。

 

「自分や他人を認めていない」、「許していない」のかもしれません。

 


 

許す】と言う言葉の語源は【ゆるます】だそうです。

 

許す】と言うのは、自分のぴんと張った神経、つまり、“あれでなければいけない”、“こうあるべきだ”というような価値観を【ゆるます】と言う意味です。

 

ゆるます】ことが【許す】ことであって「許す事」はすなわち「受け入れる」こと。

 

許すとは全てを「受け入れる」

 

他人もそうですが、自分を許していない人が結構います。

 

“このままじゃいけない”、“もっともっと努力せねば”と、ずっと自分で自分を痛めつけているのです。

 

自分のことも周りの状況も、全部許し受け入れられると、痛みは和らいでいくようです。

 

【*参考文献;小林正観著『楽に楽しく生きる』】

 

メルマガも毎日、配信中です。ぜひ、こちらからご登録ください!

https://kakumei.musashino-robotics.com/mail/

 

こちらをクリック↓ぜひ、動画もご覧ください!



 

記事のシェアをお願いします

facebookページも更新中